日本の子供の体力低下が叫ばれて久しい昨今ですが、その全体的な改善、向上にはやはり学校での体育教育の充実こそが必要です。
 そこでこの装備です。頭部の耳はランニング時に空気抵抗を増やし、その負荷が体力増強につながります。
 頭部に抵抗装置をつける理由ですか? 腕や足では併走する他の走者の邪魔になりますし、肩や腰では走者自身の邪魔になるからです。合理的ですね。
 腕にはカフス型のウェイトを装着します。力強い腕の振りは腰の回転を促し、より力強いストライドを自然に産み出します。
 腰部の尻尾は、走行時には邪魔になりませんが、転倒時にはアブゾーバとして作用し、走者の負傷を防ぎます。
 あらゆる体育教育に、バニースタイルを提唱します。

inserted by FC2 system